下行性疼痛抑制系|吉祥寺

 
 

肩こり、首、肩、眼精疲労など複雑な感情。

 
 
楽しいことあれば、下行性疼痛抑制系が
よく働きストレスは 下行性疼痛抑制系の
働きが鈍くなります。
 
 
この下行性疼痛抑制系とは
痛みが脳へ下行性疼痛抑制系神経の痛みを
 
 
抑えセロトニンとノルアドレナリンの
機能低下やバランス異常を起こします。
 
 
ストレスについても人間は感情の動物です。
朝、昼、夜、食事、仕事、複雑な人間関係が
こりの痛みで病気招くことは想像できます。
 
 
肩こり首、肩、眼精疲労で複雑な感情で起こる。
不安や恐怖で腰の筋肉弱り、立てなくなる事も。
 
 
楽しい事あれば、腰痛が消える事も。
 
 
寝不足ぎみ・・・
同じ姿勢ばかりする・・・
運動していない・・・
 
 
筋肉量少ない、冷え(冷え症)がある、
緊張しやすい・・・目を酷使している・・・
歯かみ合わせ悪い、ストレスためやすい。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました