広背筋| 吉祥寺

 

機能

 
広背筋は肩を下げる動作をします。
背中真っ直ぐ保つ動作を補助します。
また腕を力強く動かす時に使います。
 
 

症状

 
インシュリンを作り出し膵臓と関係で
相手が糖尿病や高インシュリン症
(インシュリン分泌過剰)
 
低血糖(血液中の糖濃度が低い)など
糖の代謝異常がある場合、
広背筋が弱い反応を示します。
 
広背筋弱くなる方、肩が上に上がる
事でこの筋肉が弱いとアレルギーや
 
砂糖、カフェインたばこに対する
過敏症を示す場合もあります。
 
 

関連する筋肉

 
僧帽筋、上腕三頭筋、縫工筋、
薄筋、大腿筋鎖骨部
 
 
腕橈骨筋活性化のために
 
 

神経リンパポイント

 
前面:第七と第八肋骨間、軟骨近い所。
大抵左側。陥没の方も。
後面:第七と第八胸椎間、
正中線2~3センチ左右に離れた所。
 
 

神経血管ポイント

 
頭頂部の耳の後ろのすぐ上。
 
 

胃経の経絡

 
足の親指から脚の内側上がり、
腹の前面通り胸から脇へ至る。
 
 

首の筋肉を使うスポーツ

 
ロープクライミング、ゴルフスイング、
カヌー、ボートでオール漕ぐ、
クロール・平泳ぎ・バタフライ腕の動作、
バッティング、棒高跳び。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました