めまい 疲れ|吉祥寺

 

このようなお悩み、ございませんか?

 
・天井がぐるぐる回る感覚。
・フラフラする。
・目の前が急に暗くなる。
 
めまいは深刻な原因で、病院行く必要ございます。
また、日常的にお近くの整体もオススメします。
 
 
回転性めまい
天井回る感覚。回転性めまいは吐き気/嘔吐症状
 
動揺性 めまい
フラフラ同時に吐き気、動悸、呼吸苦しい症状も。
 
立ちくらみ めまい
立ち上がりフラつく、失神や目の前暗く意識失う
 
神経性 めまい
一過性血圧上昇の浮遊感、救急室多いめまい
 
末梢性/中枢性 めまい
前庭性、内耳性に分け、原則 耳鳴り、難聴伴わず
内耳性めまいは原則的耳鳴り、難聴伴う。
 
 

更年期障害について

 
女性の方でめまい・ふらつきは日常的感じる方、
体験されてる方は、決して少なくはないと
 
 
思われますが、日常の疲れの場合も。
年齢上がるに連れ様々な症状も出てきます。
 
 

更年期障害とは

 
40代半ば、後半~50代にかけての女性
イメージがありますが、
中高年の男性も起こります。
 
 
更年期障害と間違えやすい病気があり、
閉経の前後に相当する約10年間は、
 
 
女性の身体に様々な変化が起り、
多くの不調を感じるようになります。
 
 
更年期の中で閉経直前から閉経後に
かけ子宮体癌リスクが高まるとされ、
 
 
特に肥満の女性には注意が必要。
子宮体癌の症状として不正出血にも。
 
 
更年期障害の症状の一つに放って
病気に気付くのが遅くなる場合も。
 
 
更年期では笑ったり、くしゃみ時に
尿漏れをして悩む女性もいます。
 
 
尿漏れは骨盤の中で膀胱と尿道を
支える筋力が衰えて起こる症状です。
 
 
骨盤底筋群と腹部インナーマッスル
を中心に運動を行います。
 
 
骨盤底筋は腹筋と同じで鍛える事で
強くなります。
 
 
頻繁にトイレ行く事も、更年期障害の
冷え症状と決めつけない方が無難です。
 
 
あまり回数が多い場合、頻尿と考えて
受診と適切な薬物療法で症状改善できます。
 
 
頻尿から膀胱炎を引き起こす事もあるので
注意して下さい。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました