梨状筋 ②|吉祥寺

 
梨状筋は股関節の主要外旋筋であり、
同時に股関節の主要固定筋です。
 
 
臨床的意義は大きく坐骨神経は個人差が
あり梨状筋の上または下を走り場合に貫通。
 
 
梨状筋の緊張は固有の関連痛パターン
だけでなく坐骨神経の障害により
 
 
痛みの原因になる事があります。
この障害を梨状筋症候群といいます。
 
 

梨状筋の障害は

 
バレーダンサーは股関節の外旋(ターンアウト)が
要求されるため梨状筋の股関節を固定する役割が
原因となる。障害もごく一般的であります。
 
 

作用

 
大腿を外旋させて、曲げた腰の外転を
補助し股関節を固定します。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました