僧帽筋(中部・下部) | 吉祥寺

 

機能

 

僧帽筋

肩甲骨を内側へ引き寄せておく筋肉のひとつで、
肩甲骨ひねる、動作する
筋肉のひとつでもあり。
 
 
 

症状

 
肩や腕の問題に関わる可能性があります。
脾臓と関係があり、感染症の時や喉が痛い時、
貧血の時や発熱時には、調整しておく事が重要。
 
僧帽筋が慢性的に弱いと、大胸筋が緊張したり、
一番下の肋骨と同じ高さにある、
背中の第十二胸椎(T12・L1)に問題起こる場合
があります。自由に腕を振って歩くと解放される
事もカイロプラクティック矯正が必要な場合も。
 
関連する筋肉
前鋸筋・菱形筋・大胸筋鎖骨部
 
 

僧帽筋(中部・下部)活性化のために

 
神経リンパポイント
前面:左側。第七,第八肋骨間、軟骨近く胸骨下同じ高
後面:第七,第八胸椎間正中線2~3cm左側。
肩甲骨一番下同じ高さ
 
神経血管ポイント
幼児,頭後ろ柔らか部分,後部の泉門1~15cm上の所
 
脾経の経絡
足の親指 脚の内側上がり,腹の前面通り胸脇へ至る
 
 

栄養補給

 
ビタミンC(柑橘類・ピーマン・そば)風邪や感染症時は
レモン半分絞り果汁水で薄めコップ一杯分(約240cc)
を2~3時間おきに飲みながら24時間の絶食する。
 
 

僧帽筋(中部・下部)を使うスポーツ

 
バッティング、バドミントン、アーチェリー、
テニス、平泳ぎ腕動作、ボールをパス動作。
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました