腰方形筋|吉祥寺

 
 

腰方形筋の神経支配

 
 
胸神経(T12) 腰神経(L1~L3
 
 
腰方形筋は脊柱起立筋の深部にあり
腰部の厚い筋膜層と腱膜組織のため施術が難しい。
 
 
腰方形筋は 腹部の筋肉のうち
腹腔後壁を形作る後腹筋
 
 
ほぼ長方形の形状で、腰椎の両外側に存在し
下位腰椎突起 腸骨稜及び腸腰靱帯を
 
 
起始 第12肋骨に付着 腰椎を作用側に屈する作用。
腰方形筋は主に体幹の側屈を行い腰椎の関節の生理学上
腰椎の側屈は伸展と回旋を含む。
 
 
両方の腰方形筋が作用した場合、
屈曲をして片方の筋の作用は側屈と回旋を含む。
 
 
この筋肉は脊柱起立筋と同部位にあり、
その神経支配は異なる。
 
 
脊柱起立筋が脊髄神経後枝の神経支配に対し
腰方形筋の神経支配は上位の腰神経前肢。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました