腰痛 ぎっくり腰予防|吉祥寺

 
腰痛やぎっくり腰の予防や改善には
日常生活での正しい姿勢をとる事が基本です。
 
 
家庭や職場でいかに腰に負担をかけないように
するかが重要なポイントとなります。
 
 

腰に負担をかけない正しい立ち方

 
 
立つ正しい姿勢が真横の場合 耳、肩、股関節、
ひざ、くるぶし結ぶ線が直線 腰カーブが適度に理想
 
・あごを引く。
・背筋を伸ばす。
・胸を反らせない。
・下腹に力を入れる。
・肛門を引きしめる。
 
 
耳の後ろから足のくるぶしまで地面から
垂直に一直線にします。
 
 
他人に見てもらい、全身を鏡に映して
姿勢や体型のチェック。
 
 

座る時の姿勢

 
 
背もたれに背中つけ座った時、ひざが股関節より
やや高くなる座り方が理想的。
 
・腰がほぼ直角に曲がる。
・ひざがほぼ直角に曲がる。
・椅子は高すぎても低すぎてもいけません。
・足裏全体が床につく。
 
 

長時間椅子に座る場合

 
 
時々ひざ組み、足位置を前後に変え座位で30分過ぎ、
一度腰の緊張取り椅子から離れ歩き背筋伸ばす。
 
 

椅子が高い場合

 
 
背もたれに背中つけ、足が浮く場合、
足の下に台を置きます。
 
 

正座、あぐらの場合

 
 
お尻高く腰の負担減少、少し固め布団が良い。
畳や床上に、薄い布団を一枚敷き適当な固さ、
 
 
尻沈む柔らか過ぎ×、横向きひざ腰を曲げ、
うつ伏せ腰反らせ腰痛注意!腰下に枕、毛布入る。
 
 
※腰痛の場合はえびのように背中と
腰を丸め横向きに寝て痛みが和らぎます。
 
 
 
吉祥寺で整体受けるなら、肩こり堂

タイトルとURLをコピーしました